チン・マン彦

チン・マン彦

東北の某都市の零細企業で働く窓際びんびんサラリーマン。 幼少の頃から霊感の強い母方実家の人間や幽霊屋敷に住む友人などに囲まれて過ごすが、本人に霊感なし。 代表作「ボウィンマンの一言物申す」